Home Profile LIVE情報 BAND紹介 Essay CoK Tp教室 通販Page

2004年8月




8月1日 渋さ@フジロック

朝、高岡君と西荻窪で待ち合わせて、不破さんの車で苗場に向かう。
大清水トンネルの手前のパーキングで休憩。
出発しようとしたら、なんとトンネルが通行止めになった。
故障車ありとの表示が出た。
30分ほどで復旧し、出発。
現地に着くとほぼみんな集合していた。
すぐにチビズの演奏会場のアバロンステージに車で移動。
1万人ぐらいを前にフリージャズの演奏。
1曲プラスアンコールで1時間演奏した。
なかなか楽しかった。
そのあと車で戻れるのかと思ったら、歩いて帰れという。
しょうがないので、片山さんたちと45分歩いて、ホテルに戻る。
すぐに食事をして、次のステージの用意をする。
今年の渋さはメインステージでクロージングバンドだ。
とはいえメインステージまで20分ぐらい歩いて行かなければならない。
ちょっと休憩したかったが、あまり時間がなかった。
メインステージのグリーンステージでの演奏は、いつもの渋さとは違ったフリーな感じになった。
終わったら、夜中の2時になった。
2つのステージに出演しとても疲れたが、すぐに帰れという。
しょうがないので、舞踏家の車で帰る。
舞踏家の白塗りを落とすのに待っていたので、5時ぐらいに出発。
出発してすぐに気絶。
気がついたら、東京だった。
帰ったら、9時すぎ。
すぐ寝る。
おきたら、夜だった。

8月3日 北カルテット@グラスルーツ

今日は、ギターに高見さんを迎えてのカルテット。
グラスルーツは、いつもノリノリの演奏になる。
今日もノリノリだった。
対バンのメロトローンというバンドもノリノリだった。

8月4日 北カルテット@まほうの竜

ベースに不破さんを迎えてのカルテット。
ちょっとお客さんが少なかったが、いい演奏だった。
不破さんはドラムの磯部君とピアノの須賀君をえらく気に入ったようで、「渋さに来ないか」と誘っていた。

8月5日 ヒロさんオフ会

私は2次会から参加。
西麻布のカフェバーで、テキーラショット!

8月6日 渋さ@ピットイン

恒例のピットイン渋さ。
スケジュールをみていたら、ロッピの常連の名前もあった。

8月7日 高尾山へ




10年ぶりぐらいに高尾山へ行く。
夏なので、とても暑く、たくさんの汗をかく。
上って降りて、ちょうどいいぐらいの距離だ。
降りてきたら、とても体が軽くなった。
森林パワーはすごい!



8月8日 渋チビ@仙台お祭り

仙台までチビズの演奏に行く。
着いたらすぐに演奏。
終わって、仙台の旬の食べ物たくさん戴きました。
ありがとうございます。

8月10日 茅ヶ崎へ




海水浴に行く。
とてもいい天気で、よく焼けた。



海水浴の後、実家へ。
夜はドイツビールレストランへ。



8月11日 ボーカルレッスン

昼、茅ヶ崎美術館の喫茶室にいく。
その後、鵠沼のウォルティ宅でユキノがボーカルレッスンを受けるのに付き合う。
付き添いで見ていても楽しいレッスンだった。
トランペットの参考になるのだ。
片瀬江ノ島からロマンスカーで帰る。

8月12日 渋さ@仙台・北海道ツアー 仙台コンサート

早朝に出発。
帰省渋滞で、夕方、仙台に到着。
市民ホールで演奏。
打ち上げは、中華料理をご馳走になりました。

8月13日 渋さ@仙台・北海道ツアー 移動

ホテルをチェックアウトして、いざ北海道へ出発!
八戸までバス、八戸から苫小牧までフェリーといった日程だ。
フェリーでは、宴会。
さるへんが盛り上がりすぎて、お客さんから怒鳴られる。
いつものパターンだ。

8月14日 渋さ@仙台・北海道ツアー 北海道ライジングサン・フェスティバル

ほとんど眠れず、朝、苫小牧に到着。
空気が違う!



そのまま石狩湾のライジングサンフェス会場へ。
10時に会場到着。



11時から飲み始める。
演奏は、夕方と夜中の2回。
酒も食事も上手い!
ミュージシャンへのサービスは最高!
深夜のライヴまで時間があるので、チャラ、バファロードーターズ、ROVO、電気グルーヴを見る。
ペズとスカパラもミュージシャンテントのテレビで見る。



8月15日 渋さ@仙台・北海道ツアー 北海道ライジングサン・フェスティバル

3時ごろからメインステージでライヴ。
なかなか好評の演奏だった。
朝、札幌のホテルに戻ってきて、15時まで睡眠。
まったく町を歩かず、帰路。
チェックアウト前に食べた回転寿司のイクラが美味かった。



室蘭からフェリーで八戸へ。
フェリー内では当然、宴会。

8月16日  北海道ライジングサン・フェスティバル 帰路

フェリー内でオリンピックを見た。
北島が金メダルをとった試合を見ることができた。
八戸からバスで東京へ。
ほとんど寝ていた。
夕方、到着、帰宅して、すぐ、リハへ。
リハの後、四国に引っ越す画家と会食。
今日は、結構、疲れた。

8月18日 北カルテット@りぶる

今月は、北カルテットが3本もある。
今日は、りぶる。
意外なお客様がいらっしゃった。

8月19日 渋チビ@りぶる

今日もりぶる。
はじめての2DAYSだ。

8月21日 渋さ@葉山

茅ヶ崎の実家へ前ノリしようと思ったが、前の日にレッスンが入ったため、東京から行く。
横浜駅で、ばったり、しゃんしゃんのエミさんと会う。
葉山は遠い。
新逗子からバスで行かなければならない。
ライヴ会場は、海の家。
演奏は、当然、海岸!
海水浴の格好で来ようと思ったが、夜、待ち合わせがあったので、普通の格好だった。
もし、海水浴の格好だったら、海に入って演奏していたことだろう。
楽しかった、しかし、渋谷での待ち合わせには間に合わなかった。

8月22日 渋さ@青山CAY

昨日とは打って変わって、ロックのハコでの演奏。
リハと演奏の間が4時間ぐらいあって、退屈した。
しかし、今日は、泥酔する人がいなかったので、普通の演奏だった。

8月24日 伎芸天@和音

金子さんがいなかったので、伎芸天の曲は演奏しなかった。
琵琶の古澤のお客さんがたくさんいらっしゃったので、古澤さんを中心に演奏した。
1曲NJでソロをした。
NYCでライヴと同じ音を出した。
とても好評だった。

8月25日 トランペット合宿イン京都

格安深夜バスで京都へ。
4,800円!
安いときは2,900円だ。
よく関西のお客さんがライヴを見に来てくれる。
たぶん格安バスを利用しているのだろう。
しかし、JRなどの大手ではないので、料金は振り込み。
手続に不安が残る。
23時過ぎに新宿の西口に行く。
バスが20台以上、お客さんもおおぜいいた。
はじめて利用したので、圧倒される。
あまり眠れず、疲れた。

8月26日 トランペット合宿イン京都

朝、7時に京都駅に着いた。
6時に着く予定だったので、遅れて時間がつぶせた。
9時にヒロさんとホテルで待ち合わせている。
それまでに銀行振り込みをしなければならない。
とりあえず時間があるので、京都駅から二条まで歩いた。
歩いている途中では、UFJ銀行がなく、三条の駅内のATMで振込終了。
9時にホテルへ。
ヒロさんとワニさんの車で大原の民宿へ。
早く着きすぎた。
今日から、4日クラシックトランペットを中心とした合宿だ。
1日目から、集中したレッスンが続く。
夜、某放送協会オケの仏坂さんが到着。
関西合宿は、飲み会がすごそうだ。
1日目は、静かに飲んだと思う。

8月27日 トランペット合宿イン京都

2日目もタイトなスケジュール。
午後は、仏坂さんのレッスン。
再確認できて、とてもためになった。
夕方、ソロの発表会があった。
ヒロさんから、ソルフェージュ能力の低さを指摘される。
自分でも分かっているが、日頃、楽譜を見ないジャズの仕事が多いので、なかなか能力が向上しない。
譜面の仕事を増やすか。
増やせるか?
2日目の飲み会は、テキーラショットを回し飲みする。
少しヒートアップ。

8月28日 トランペット合宿イン京都

朝から、ヒロさんがいなかったので、各自、トレーニングする。
ヒンデミットのリズムトレーニングなど、なかなか充実したトレーニングメニューをこなす。
夕方、ジャズレッスン。
ヒロさんがいないので、私がレッスンを担当。
ジャズのアーティキュレーションであるレガートタンギング、ドリアンスケールを教えて、実践。
Fブルース、カンタロープのアドリブを吹いてもらい。
各自にアドヴァイス。
みんな音楽の基礎能力が高いので、結構、いいアドリブを吹いてた。
レッスンの後、枯葉、Bbブルース、フットプリンツなどでセッション。
夜は、ヒンデミットの試験。
試験の罰ゲームに焼酎のショット。
みんな酔っ払ってきた。
すでにべろべろの人も数人!
私も4杯ぐらい飲んだ。
そのあとは宴会!
まずはテキーラのショット。
塩をなめて、テキーラを飲んで、最後にライムをかじる。
これがなかなか美味しい。
調子に乗って飲んでいたら、最後には、ボトルをラッパ飲みしていた。
バックグラウンドミュージックは、サルサ。
どんどんヒートアップして、踊り始めた。
女性2人もいたが、おとなしく座っていたので、私が誘って、ダンス!
ヒロさんとトランペットの掛け合い。
その後から、覚えていない。

8月29日 トランペット合宿イン京都

朝、気がつくと、レッスンが始まろうとしていた。
半分ぐらい死亡!復帰できず!
ちょっと参加してみるがすぐに気絶。
気がつくと、レッスンは終わっていた!
DUOの発表もあったが、相方も死亡のため、棄権。
情けない!
しかし、楽しい合宿だった。
帰りに車で吐きたくなり、道端でリセット。
京都駅で、酔いを醒ますのに5時間ぐらいかかった。
格安深夜バスで帰ろうと思ったが、気力・体力すでになし。
のぞみで帰る。

8月30日 望月・沫山DUO@二万ボルト

疲れが残る中、夜、モチマツ。
合宿明けのため、トランペットの調子はよかったが、体調がすぐれず、飲み会参加しないで帰宅する。
Home Profile LIVE情報 BAND紹介 Essay CoK Tp教室 通販Page