Home Profile LIVE情報 BAND紹介 Essay CoK Tp教室 通販Page

段々日も長くなってきましたね。いかがお過ごしですか?
今日は北さんの家のカレンダーのことをリーク。三つあります。
一つはデスクのところに、足利のお友だちの送って下さった木版画のもの。
もう一つはネコが楽器を弾いているイラストのもの。
そして一番大事な、仕事その他のスケジュールいっさいを書き込んだ、大きめの輸入もの。これは野々が毎年高円寺北口の「きょうりゅうや」というお店に注文していて、今年はジョージア・オキーフの花の絵のもの。当然よく目につくところにかけてあります。
そしてこの大判と、デスクのところの木版画のものは、今のところ何故かほぼ同じ色合いなのです。2月赤、3月黄、4月グリーン。あとは5・6・7と12月が「ハモッて」ますねぇ。遊びにいらした方はチェックしてみて下さい。
予定も、適度に埋まって適度に空白の日が入ってくれるといいのですが……。結局毎日何かとバタバタしております。極「厳」(笑)。

4月1日 新宿PITINN渋さ知らズ

「横の壁ぎわにブラスSec.が並んだ。普段なら後ろからドラムやギターに煽られるので、つい吹き過ぎる。それが、余計に力が入らずに楽しく吹けた。ブラス全体の音がよく聞こえて合わせやすかった。
終了後ほかのブラスのメンバーに確認したら、やはりそういう感想が出た」。(北談)。

4月2日 代々木公園春風2000年渋さ知らズ・ジャンフラ

PAの調子が悪くて渋さ知らズに入れず、ジャンフラがえんえん小一時間(?)続いた。
「ちょうどマラソンで、何km走らされるか知らされずに走るようなもの。ペース配分がつかめず、疲れた」。
さすがの高岡さんも「さすがにバテました」。

(タンザニアのポストカード)

4月3日 市川りぶる渋さチビズ

今日は泉さんと高岡さんも参加。お客様は少しでしたが、結構盛り上がり、おもしろかったと北さん。
JAZZのハコ、特に古いハコは、長年の演奏の積み重ねで、空間の振動が既にJAZZ向けになっているようで、自然とJAZZっぽくなるとか。
そう言えば、ヨーロッパなどにツアーに行くと必ず古い楽器を手に入れてくる北さん、「前の持ち主の演奏の癖が楽器に残っているから、自然に吹きやすいフレーズが出てくるんだよ。金属の粒子の固まり具合が決まっているから。上手な人の癖がついていると、腕が上がるって言われているんだよ」。
空間も音も人も物も、結局は同じ素粒子からできている。見えない振動が、大事。

4月4日 下北インプロ

昨年の今頃も大勢集まったけれど今日も計12人と、大勢集まった。ホントに久しぶりに元HAPPYFAMILYのベース・宮野くんと、渋さの花ちゃんも参加。
「同窓会のようだった。」とはギター・ウクレレのYくん談。

4月5日 VTRクリップ届く

先日ロケに行ったCAOさんのプロモVTRが届く。グルグル回って撮っているシーンが続いていて、カメラの人の体力勝負だったそう。
片山さんのアップ!カッコいい!!
トロンボーンを持った不破さんの顔があんまり映っていなくて、ちょっと残念!
早速北さんに取り込んでもらいました。
(これがカオさん)

(これはTV版では見られない)

コラム ♪[好き嫌いについて]♪

北さんとつき合い出した頃、法律関係の友だちと初顔合わせ。
「北さんって人当たりが柔らかくて、誰とでも話せる雰囲気を持っているでしょう?」
とベタぼめ。確かに、と納得したのを覚えています。それから本当にたくさんの人に会わせていただきましたが、落ち着いた方が多いようです。
今日も、「好き嫌いで人を見ないでしょう?」と聞いたら、
「そう」。
「部分的にどう、というのはあるけれど、基本的に好き嫌いはない。」というのは野々も同じです。
合う・合わないという相性はあるかも知れないけれど、それも幻影、人の心も変わるもの。そういった相対的・二元的な価値判断は、その度合いが深いほど心の波=揺れが激しくなる。とらわれれば心は不安定になる。のでは?
嫌悪の強い人はそういう人を周りに集めてしまう。類は友を呼ぶのだ。シンクロ。突きつめて考えると、周りの友だち関係や環境が変わるっていうことは、自分の中身が変わった結果ってことかもね。
そして、「人から攻撃された時は防衛する。」そうです。
地球防衛軍、応答せよ(笑)!
♪♪♪♪

4月7日 お花見パーティー

昼間のカラオケの後、播磨坂で花見。その後自宅でパーティー。ルビーちゃん、サルヴァニラの菊ちゃん、梅津さんと一緒にやっている細川GENさんなどのべ9名来訪。ダンサー・ミュージシャンがほとんどで、飲んだり食べたり、短時間ながら楽しく過ごしました。
引っ越し1周年、大勢人を呼んだのは久々でした。今度は少人数で、ゆっくりお話したいですね。
皆さん、お忙しい中、ありがとうございました。

4月12日 ウォーキング

自宅―千駄木―谷中―上野公園―アメ横―不忍池―東大裏―小石川図書館―自宅。
15km強、4時間。よく晴れていたので、色白の北さんは少し日焼け。
改築工事の終わった図書館で、LP10枚借りてくる。
20年ぐらい前の古澤さんのLP(ASHっぽい曲も。)の後、家にあったレベッカの1st(ベースのりさん)を聴き、明日のASHの予習(というか復習というか)。その後板橋文夫さんの「WATARASE」を聴く。

4月13日 高円寺ジロキチASH

苦労してつくったサンノース・オリジナル「ASHTシャツ」引っさげて16時にIN。
メンバー全員が半ば渋々買って下さいました。(下のプリントが胸のところに入ってます)。
それで、ほとんどの方がライヴの時に着て下さいました。
いつもより余裕を持ったリハ。ライヴはたいそうな盛り上がりとなりました。
「ASH、今までで最高のデキだったのでは?
と北さん。昨夜の予習が効いたのかソロも上出来で、メンバー紹介の時にお客様から声援がかかりました。
Tシャツは一般の方にも販売中。白が1000円、カラーが1500円です。欲しい方・お問い合わせは北さん宛てにメールまたはお電話下さいネ!

4月15日 言葉に気をつけた結果

北さんの、学生時代からの友人Kくんに、
「北に『この頃、下ネタ言わなくなったなあ。なんとなく高貴な感じがするようになったよ。』と言ったら、北は『ふーん。』って何か考えてたよ。」
と言われたので、納得。
「それは野々が止めさせたの。余計な冗談(特に性的な)は、言っている本人や周りは一時的には楽しいかも知れないけれど、潜在意識は言葉や音のヴァイブレーションの世界。言葉が世界をつくると言われるほど。だから、必要のない軽薄な言葉は決して利益にならないからって。」
「ネコ型女」って言う時ついニターッとするのも、女子アナに注目しているのも、時々動物みたいなしゃべり方するのも、全部不愉快だから止めさせつつある。精が漏れる。生命エネルギーの無駄使い。意識の下降。それよりいい演奏してもらった方がいい。
セクハラ社会に汚染されている部分がわかると即指摘、解析。言葉や行為の背景にある心が何に集中しているかが問題なのだ。
北さんは、理論で納得できると即行動してくれるから、結果が出るのも早い。(妥協や言い訳もあるけどね)。

♪ぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱ♪

ストーカー様
「It’sNONO」今回は4月6日と8日に注目よ。お花見行った?
また発作?7ヶ月ピポパも続くとさすがに習慣化しているようですね(Phew!)AreyouOK?体調が悪いの?欲求不満?ストレス解消なら気の済むまでかけていいよ。
「出禁」で「ハゲ」の北さんは、そぉんなに心配しなくても会わないから大丈夫よ。北さんは容姿にとらわれないから「デブ」だの「ブタ」だの「ハゲ」だのの小学生みたいなレトロFAXはあなたを低めるだけよ。愛情表現?(また「ガ〜〜ッ」とやってから寝るのかな?ヨチヨチ)。なかなかアナクロさがGOODね!
人の心も無常ですね。散り際が肝心、じゃないの?
ま、新しい花を大事にね。

Home Profile LIVE情報 BAND紹介 Essay CoK Tp教室 通販Page