Home Profile LIVE情報 BAND紹介 Essay CoK Tp教室 通販Page

洗ってしまっておいたカバー式のシーツを出してきて、
よく見たらやけにくすんだ色。白いところはちゃんと白い。
「これ、どうしてこんなに色が違うの?」
「だって前は1年ぐらい洗ってなかったんだもん。」
エッ!……思わず力が抜けた。
「5年ぐらい洗わなかったヤツだっているよ。」
他人のことは聞いてないよー!

8月1日 新宿PIT INN 渋さ知らズ

「自分の音がよく聞こえない時は、力を抜いて吹くといいんだよ。」と片山さん。力を込めて吹くと、耳の辺りの筋肉が固くなって、音が響いてこなくなるそうです。(なんてやさしいんだろう!!)
「全体的に音が大き過ぎてリズムの輪郭がハッキリしなかった。」

8月2日 入谷なってるハウス セッション、光音天

お茶の水・秋葉原(「リバーダンス」のVTR購入後、ついマッサージ椅子で長いことくつろぐ。)に寄った後、入谷へ。
リマ哲さん・花ちゃん・あやこさん・高岡さんほかサックス・尺八・ドラムスのセッション。2・3人でいろいろ。あのソウルのひちりきは「ピリ」。活躍してました。
途中光音天も。今日のNJ(忍者ジョッキー)、下町ヴァージョンで、たまたま浪曲や琴の音が入っていたからマスターにも気に入られ。和音に出演するよう言われ、いろいろな人を紹介していただけそうです。

8月3日 日暮里 和音

マスターと打ち合わせ。「邦楽を若い人に聴いてもらいたい。」というマスター。
「邦楽のジャンルの壁を取っ払ったところがおもしろい」。NJ、発展しそうな兆し。

8月5日 浦安フェスティバル チャリティー・コンサート 光音天

ディズニー・ランドの隣町の町内会のお祭り。会場は小学校の体育館。
「客が少なくてテンションが上がらなかった。体育館で広々していて、音がよく響いてよかった。」
帰りに葛西臨海公園に寄り、潮風を浴びてから帰る。

8月6日 長野 いのちの祭り 渋さ知らズ

サウンド・チェックを待つ間、ホーン隊はストリートで結構長く演奏していたので、疲れた。
本番は1時間ほど。渋さが演る時にそれまで降っていた雨がやみ、終わったらまた降り出した。天候を司る神である龍の絵の甚平が効いたかな?
「いい音で、お客さんは熱狂的、いい感じで久しぶりでいいライヴだった。」
夜は片山さんなどと、チェロの翠川さんの別荘へ行き、お世話になる。

8月8日 池袋でKくんと会う

DUOのライヴのできそうなカフェ・バーへ、下見がてら。内装は30年代のアメリカふうで、吹き抜けの天井にはファンがまわり、2F部分へは店内にらせん階段が。間接照明のランプもアール・デコの曲線で、料理も薄味でお手頃価格。
たまたまオーナーがいたのであいさつだけ。実現したら、ぜひいらしてくださいね。

8月9日 白山のJAZZ喫茶「映画館」

ライヴもできそう。プロジェクターもあるので映像もOK。
帰りに寄ったショッピング・センターは、「メールスにちょっと似てる」。

コラム ♪[好きな映画]♪

* 「アンダーグラウンド」
役者の後ろに20人ぐらいのバンドがついて走っているのがパンクだ。
* 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」
長いけど、流れがしっかりできている作品。
* 「七人の侍」
カメラ・アングルや音楽など、日本の文化がよく表されている。

8月10日 新宿PIT INN 梅津さんのライヴ

梅津さんのほか早川さん・スカパラ・ホーンズ。観に行き、久しぶりに話す。
明日出ていいよ、と言われる。

8月11日 新宿ディスクユニオン ジャンベ・フラワーズ、
      PIT INN 梅津さんのライヴ

店員のKさん(tb)も張り切って参加、盛り上がった。
梅津さんの方には間に合わなかったが、素晴らしいライヴでした。

8月12日 横浜寿町フリーコンサート 渋さ知らズ

公共施設の中庭が会場。人であふれかえっていた。

8月13日 松本

不破さんのクルマで移動。神社の境内の中で演奏。

8月14日 西荻アケタの店

緑化計画(翠川敬基さん・片山さん・TOSHIさん・早川さん)
参加させていただく。
「とてもよかった。また来てくれ。」
ありがとうございます!

8月15日 吉祥寺マンダラ2 渋さ知らズ

暑い上に人が多くて酸欠状態。

8月19日 市川りぶる 渋さチビズ

用事で秋葉に行ったついでに、またしても石丸本店のマッサージ椅子へ。先日は平日だったけど、今日は土曜だったので、ほとんどの椅子が埋まっていた。気がついたら1時間以上も経っていた。このところ1日中プログラミングなどして、肩が超こっていたのでよかった。後でちょっと揉み返しがくるほど。
りぶるへ。おもしろかったのは、いつもの渋さチビズのアプローチとは違っていたこと。最初はFIKTIONのはずだったためか、片山さんと石渡さんはFIKTIONのアプローチをしていた。そのため、こちらも緊張感があって、よかった(北談)。

8月21〜23日 金沢・軽井沢小旅行

21日

青春18きっぷが残っていたので、ちょっと出かける。
朝4時半に起きて金沢へ。不破さんの言ってたとおり「暑い」。美川町の温泉へ。
夜、9月18日に梅津さんが「こまっちゃクレズマー」をやる「金沢市民芸術村ミュージック工房」へ行ってみる。工場跡で、渋さにいいかも。とりあえずVTRにおさめる。
地元の人たちとセッションした。
長町武家屋敷跡を通って、食後、片山さんが教えてくれたJAZZ喫茶「もっきりや」でお茶。

22日

忍者寺。前田家百万石は幕府から「倒幕して次の天下を狙っている。」と疑われていた。前田公は、城の周りに寺町をたくさんつくって、守りのために多くの武士をそこに待機させていた。バカ殿を装って実はアナーキーだったのだ。この寺は忍者ではなく、幕府の隠密から身を守るための仕掛けが至る所になされている。日本の建築家は頭がいい。
その後、にし茶屋街・能楽堂・兼六園・金沢城趾・近江町市場・ひがし茶屋街へ。大きなホテルがたくさんあるので、ロビーを転々とする。
安旅のアイディア。図書館のコイン・ロッカーに荷物を預ける。

23日

小諸・軽井沢に寄って帰宅。

8月25日 高田馬場ライフリー 北+不破DUO

旅行と仕事の疲れと、野々とのすれ違いの最中で、心の乱れがそのまま音になったような、あまりよくないヴァイブレーションの演奏。聴いていて不安がかきたてられるような感じ。
「これは食事をしながら聴く音楽じゃないね。」(野々)
「今日は全然ジャズって感じじゃなかった。
疲れてると無理に吹くから、こういう荒いテンションになってしまう。」(北)
客入りは多めで、「ぜひまた来たい。」と言ってくださったお客様もいらしたそうで、今度はまた違った演奏を楽しんでいただけたら、と思います。
金沢の市民芸術村のVTRを早速不破さんに見ていただきました。

8月26日 入谷なってるハウス

足利バンドの曲を演る。なかなかいい感じに仕上がる。
尺八のOくんが尺八のコンクールで優勝したので、皆で祝う。おめでとう!

8月29日 営業

以前下見に行った池袋のカフェ・バーと、白山のジャズ喫茶へ。白山の方はマスターのOKが出て、11月か12月ということに。

8月30日 高円寺ショーボート 渋さ知らズ

照明のためか暑くて汗ダクダク。20時半から23時過ぎまでギャラを待っていたのに、出ないことがわかり、みんなガッカリ。



Home Profile LIVE情報 BAND紹介 Essay CoK Tp教室 通販Page